レストラン部門へ雇用開始?! : Amazon

09 09 2015

参考記事

LinkedIn上の投稿や、企業の人材募集サイトによると、Amazonはシアトルとニューヨークのレストラン専用の新部門のためのスタッフを追加して、食事配達サービスを急速に拡大しようとしている。

Amazonはコメントを控えたが、何百万という書籍や家電を購入する場所として最高の小売業者として知られています。これは、ますます顧客に配管工から地元の保養地を予約する能力を提供し、様々なサービスへ移行している。

同社は、食品配達に手を出したが、Amazon Restaurants と呼ばれる専門部門を形成する動きは、混沌している食品配送市場に参入し、GrubHubなどのライバルに対抗する準備をしているかもしれない。

この部門の正確な目的は不明であるが、最近のメディアの報道では同社がすでにシアトルで独自の食品配達プログラムをテストしていると言われるが、それ以上にレストラン配達サービスの拡大に興味があることを示唆している。

Amazon Restaurantsと呼ばれる部門の空席情報がシアトルやニューヨークを拠点として少なくとも15職空いていると、LinkedInやAmazonの職探サイトの検索にある。

他に6つAmazon Restaurants and Travelのポジションが空いているが、これは別のものとなるようである。