来年のYahoo経営をするのは?! : Yahoo

03 17 2016

参考記事

Yahoo CEO Marissa Mayer氏はCharlie Rose 氏のPBS放映番組に出演し「会社の今後のビジョンを1時間にわたり独占インタビュー」されている。

そうでどうしたと、思うだろう。これまでのところ、シリコンバレーにおけるインターネットの巨人である同社では、ほぼ同じことが繰り返されたといえる。もちろん、関心を惹いたのはMayer氏が同社のリーダーであると広報戦略を通じて会社の株主を納得させた。今日取締役を2名加入させた。銀行出身のヘルスケアに強い取締役、半導体会社の CFO。この人事はアクティヴィスト投資家として知られるスターボードバリュー社がMayer氏に敵対し委任状争奪戦を仕掛けている。Mayer氏は数週内に施行するようだ。ひとつ、取材先から得た情報によればスターボードはMayer氏の退任を求めるという。これはローズにとって、1年後にMayer氏がYahooのCEOをつづけるつもりかと是が非でも訊きたいと思う理由でもある。

「ええ、ぜひそうしたいと思っていますよ。」と彼女は言った。「Yahooの経営者でありたいと思っています。3年間の戦略計画を既につくっています。」

たまたま番組を見かけたという人に。これは3年にわたる戦略計画として新設されたものであり、これに先立って彼女が新設した3年計画は結局実現せずに終わった。

さらに沢山あるが、ひとつにはTumblrを買収するのに多額の資金を投じたにもかかわらず、減損処理が必要な段階にきている。Rose 氏はきわどい質問を投げかけ、それが「意図しないかたちで引用され」ることになったが、いずれにせよこういった騒ぎになるのは早晩変わらぬことだったろう。